FC2ブログ
あすぺる樹の付゛録 あすぺる樹の不思議な世界へようこそ!!
1500年の時空。
2016-12-20 Tue 00:18
今朝は 久しぶりに善光寺参拝に行きました。

朝 5時半に家を出発し 6時半ごろ善光寺に到着。

一年の感謝を伝えに参拝に行きました。

 朝まだ暗い善光寺でしたが 次第に夜が明け

 1500年の  時空を感じる 想いでした。



 善光寺の良いところは

 
  日本最古の仏像 本尊 ( 諸説あり )は もとより


   日本の仏教に 会派、 派閥などができる以前のお寺であるため

  宗派  宗教の  隔たりがなく 誰をも受けれる 寛大な お寺。


 本堂には 神社にある 御神体の鏡が祀られ

そこには  仏教が伝来する以前から 我々日本人の祖先に守られていた


  神様も 御本尊と 同居 仲良く共存している姿を見ることができるのであります。


 「  善光寺は アーメンでも  そうめんでも 受け入れる。 」


 そんな言葉が 善光寺のガイドブックには 書かれていますよね。


   あらゆる 人びとを 受け入れてくれる 神様は


   なかなか 世界中を探しても 珍しいと思います。


 ある意味  誰のものでもない。


 変に 宗派などがあれば その宗派のお寺ということになり

   
  決まったルールや  人間によって なんだか 時には裁判沙汰の

 宗派派閥争いや   金銭トラブルにもなる事件を 新聞に見ることができますよね。


 どの宗教にもみられる 利権争いや 宗派間のいざこざがない。


 ( 実際は どうだか  知りませんが それはあくまでも

  人間の都合でしょうから かってにやってりゃ~いいんです。

          セクハラジジイ 坊主  も最近話題になったが・・・・・。  )


  『 善光寺を管理する それぞれの宗派 』  はあるが


  基本的には  無宗派のお寺なのであります。


   地域の人々が 敷地で 体操や ウォーキングを楽しんでいる姿が

   「 みんなの善光寺 」  であることを 心温かく感じる。



  私も 年に数回は そんな 朝の善光寺の 空気を感じに ゆくのであります。

   ほのぼのした  空気が 私のこころを 癒してくれます。


    (   人疲れや  精神的に疲れると いきたくなるっ!  )



  そうそう


  1980年代に私が就労していた ベルギーの首都  ブラッセル。


ベルギー滞在中も

  いつも職場と アパートの往復の生活に変化をつけるために


 たまに 早起きして 朝職場に出勤する前に


  やはり 時々 現地の人々に紛れ込んで  セントラル駅周辺の

  朝の通勤時間に 街に出ることがありました。


 “ いろいろな人が いろんな仕事をしている ”


  そんな姿を目の当たりにすると  なんだか 


 「 おれもがんばるぞっ! 」  という気持ちになったものでした。


  ブラッセルの 早朝の駅のカフェで コーヒーを飲んだりするのも


   ベルギーでの生活の楽しみでもありました。



  生活の目線を変えると  刺激になりますよ。

   いつも同じこと  の繰り返しではないから ・・・・・。


   人生は 意味があるんだということです。


   気持ちが変わると  新鮮さを取り戻すことができるからでしょうね。



  空気の入れ替えは  心にも必要だと   わたしは 思いますゆえ。




 心の空気も  やはり浄化が  肝心ですよね。



  健全な精神は  健全な生活から


 ( 私は特に 特定の宗教には 全くこだわらないのですが

 欧州に滞在していたころも  教会などに行くと なんだか

   心が  浄化される思いといいますか、 気持ちが豊かになる

  空気を感じることができました。  それはどこの国でも感じる思いでしたね。

  善光寺には まったく 同じ空気があるように感じます。

          それはきっと どこの国でもそうであるように

           人びとの 心を感じるからでしょうね。 

                        合掌。   )


            世界は一家    人類皆兄妹


  ( 太陽は 太陽系の天体ファミリーを 46億年以上 照らし続けているのです。 )

                   すごいことですね。
スポンサーサイト
別窓 | 出来事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<< | あすぺる樹の付゛録 | 寒い夜だから・・・。>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あすぺる樹の付゛録 |