あすぺる樹の付゛録 あすぺる樹の不思議な世界へようこそ!!
人の 時を 想う。
2017-08-24 Thu 16:45
あすぺる樹富士山登山隊、 今年もまた行ってまいりました!

 今年はトラビスジャパンの バスツアーを利用 8月22、 23日の日程でした!


 いろいろな意味でものすごい  登山になりましたっ!

   奇跡の登山とでも 申しましょう。




第4回となった今回の 『 登山報告書 』 は 近日中を目指して

 カテゴリー   「 登山部部室  」   にて アップいたします。

   こう ご期待?


 ( 第3回までの 内容は  「 登山部部室 」  にて  紹介しております。 )



 余談ですが

 今回は 部員5名での予定で 申し込みでありましたが 仕事の都合上

残念ながら1名 n隊員は今回は不参加となってしまいました。

 第一回、二回、三回と 連続出場の n隊員は 第2回の 豪雨の中の

過酷すぎる日帰り登山となった 2015年の メンバー。


2015年の登山では 計画の段階で n隊員は

 「 雨の日は絶対行きたくないっ! 」  との 強い希望を 示しておりましたが


 天候回復    登山指数  Aランク だったにもかかわらず・・・。


見事 当日は 予想を覆す まさかの  『 前線南下のゲリラ豪雨 』 の

試練を 食らう羽目に・・・。   登山開始から 下山終了まで


 イグアスの滝のような 登山道が 激流状態の中の 過酷な登山となりました。


          ・・・・・・。


  昨年は 昨年で  下山時3人の隊員が ノックアウトの状態の中

 代表で 御殿場口の駐車場までのシャトルバスに乗るため

    深い霧の中の 大砂走を たった一人で 3時間の下山・・・。


  下山後は


   「  俺は  第4回は ないっ!  もう いい・・・・・。 たくさんだっ!」

  
        と。


           ・・・・。 


   ( でも今回も  かなり 行くきマンマンだったのであるが 間際10日前に


    仕事 の都合ででキャンセルに・・・。 )


 n隊員! 今回も 盛沢山でしたよ~!




 泊まった山荘で・・・。 例のごとく 皆が寝床についた そのあと・・・・。

 たまたま知り合った 若い女の子たちと アバンチュールを楽しんでおりました。

 「  えっ!  みんなは 神奈川県から? バスツアーなんだ。 しかも皆、
   
    おひとり様!  なるほど! 」


  ( こういう時間が また 山荘での楽しいひと時であります。 自然の中にある

    不思議な空気が  “ 人と人の心を繋ぐ 潤滑油 ” になって 打ち解けてしまう! )


 「 俺はね 今回4人でバスツアーなんだけど 皆 早々に明日に向けて休んでるよ。 

  俺はいつも 寝床に入っても一睡もできないから もうあきらめてこうして 山荘の雰囲気を満喫しているんだ。

 去年は 異業種の男4人で車で 富士宮からだった。 皆時間に都合をつけて年に一度のこの時間を

楽しみにしてるんだ。 日頃は皆 忙しい日々なんだけど、 そえ ゆえ 大事な時間。 」


 ある 女の子が



   「  なんで 毎年 富士山・・・。 なんで富士山に登るんですか?  」


                   と。


  「 皆それぞれに それぞれの 思いは あるんだけど・・・。 例えば今回は俺なんかは

  3年前にこの 白雲荘に泊ったんだけど・・・。  その時は強風で ツアーが8合目で中止。

 すごい風だったんだ。 たまたま 宿の梅宮辰夫似の おかみさんが

 今日みたいに俺が一人こうしていると コーヒーを入れてくれたんだ。

 そのおかみさんに会いたくて 来たような感じもある。

 この山荘は 登山者の命を守ってくれる場所。

   一晩、命を預かってくれて 温かい寝床 食事を用意してくれるから

    我々は 翌朝 ここから 再び山頂に向かえる。

   もし 山荘がなければ 山頂に たどり着けないと思うよ。


  だから  いつも  富士山の写真を見ると 


  “ あのお母さんが 富士山の山小屋で 頑張っているんだな。 自分の役割を果たして

    生きてるんだな ”  と思う。


   “  一日でも 自分の命を守ってくれた 恩  ”  を 感じる。


   そして また 登るのなら あって 前のお礼を伝えたい。


   “ 俺なりに一年頑張りましたよっ!  ”


    それは 言葉には 出来ないけど・・・・。


   笑顔で 


          「 前回はありがとうございました。 」  って。




    そんなところが  本当の  おふくろのように思う。



          俺のおふくろは もう いないけど・・・・。



    この富士山が  なんだか 自分を 自分に


          気が付かせてくれる。 


  みんな  富士山に再び来たくなるのは


         そんな不思議な 引力があるんだろうね。



 人間には作れない ・・・。   大自然の中にある魅力に


    遺伝子が 導かれてしまうんだろうね。


     そういうものには 理由なんて 付けられないからね。」




すべての人々に  “ 幸せだな~。 ”  と 思う瞬間がありますように~! 🎵


  一人だけど~🎵  一人じゃ~ない~♫


     心の中は~ ♫ 一人~じゃない♫



      ~ 人の時を 想う ~     


          人生は一度きり
       



                      つづく







    

スポンサーサイト
別窓 | 出来事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<富士山に 登って来ました! | あすぺる樹の付゛録 | お幸せに!>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あすぺる樹の付゛録 |