あすぺる樹の付゛録 あすぺる樹の不思議な世界へようこそ!!
富士山に 登って来ました!
2017-08-29 Tue 09:38
 (  今日は カテゴリー  「 ブラッセル マラソン 」  をどうぞ。

   来週は 6月のフィンランドの友人につづき エジプトから友人が来ることになりました。  )


富士山は 戦前までは 日本の国を象徴する  存在として国民に親しまれてきました。

 それは 有史以前、太古の昔から 現代にいたるまで 変わりません。


 私は日本人としての 遺伝子を感じるときに



    “  何千年も前の祖先も見たであろう富士山  ”


    を 遺伝子に刻まれた 遠い記憶を 想います。


 先祖代々  46億年 引き継いできた  今を生きる命の代表として


    自分の体に流れる 遠い祖先の 遺伝子も共に

      同じ時間を過ごすのであろう・・・・。



        わたしは  富士山に登ることで 日本人として


             先祖代々の 命の意味を感じます。



 “ 富士山に登らない馬鹿、  2度登るバカ  ”  そんな言葉があります。


     いかにも 単一民族で 狭い社会にこもる人間から こぼれる


        皮肉じみた言葉にも つくずく 日本人らしさを感じます。


     妬み  皮肉  人を小ばかにした 表現は 日本人ならでは。


 (  何度登ろうが 登らなかろうが  自由なのに・・・。 単一民族社会にありがちな

        何とも言えない 価値観ですよね。 この言葉からも

    まさに日本人の 価値観の象徴を 感じることができます。 )


   わたしは  遺伝子の代表として  登り続けたい。


          先祖代々の 血  と 共に。




さて


今年の 「 あすぺる樹 富士山登山隊 」  。


 無事に 最高地点 3776メーターに到達。

 今回は 約10年前に 7合目で高山病になりリタイヤとなった経験を持つ

 “ 今回は 登り切りたいんですっ!必ずっ! ” という 30代男性も参加。

 トラビスジャパンの バスツアーを利用し 行ってきました。

  (  長野県の方ならトラビスジャパンの 富士登山ツアーは 最高ですっ!

  バスツアーは 団体行動ですが 登山ガイドもついて 下山後も温泉食事、

 何よりも ゆったりと 体を休めて 移動できるバスは 登山には快適。

 多少の団体行動の 制約、時間的縛りはありますが お一人様でも気軽に

 参加できるのは 素晴らしい。 )


 晴天にも恵まれ  無事に剣ヶ峰 お鉢巡り、影富士 を 満喫。



 富士登山は 究極の マインドフルネスだと 実感します。


   自分自身の体力、 大自然、 普段と違う気持ちになり

   体を動かし  あらゆる試練に遭遇しても 前向きに挑戦する。


     大事な事です。


 バーチャルなものがあふれ  貨幣経済的価値観、 雑多で混沌とした日常生活の中で


   価値観の麻痺した現代人にとっては   ・・・・・。


  人間の本来持っている 本能  感性、 感受性、価値観・・・・。


    人間の心を 『 浄化 』  してくれる 不思議な空気・・・・。



  江戸時代から人々が 山頂を目指すのも  言葉ではなく


         理解できる  実感があります。



                     なぜ山に登るのか


                         そこに山があるから。



   なぜ  人は 生きてゆくのか。


       その答えを  『 知る機会 』  でもあるような気がします。


                                 店主 合掌。



   (  来年も 山頂集合  山頂解散   各自自由参加です。  )





余談ですが・・・。

   今年6月には フィンランドの友人家族が 我が家を 訪問してくれました。


   そして 来週は・・・・。

   急きょ  エジプトから 友人が 我が家に滞在しに やってくることになりました。


  

   『 世界は一家  人類も 神様も皆兄妹  』  


                     店主、 最大の座右の銘です。


      世界中の指導者さん、  秩序を守り 仲良くしましょう。

    欲望をむき出しにせず 何事も謙虚に。

スポンサーサイト
別窓 | 出来事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<月 日 と共に。 | あすぺる樹の付゛録 | 人の 時を 想う。>>
この記事のコメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| あすぺる樹の付゛録 |